ヒューマンエンジニアリングNAVI┃放射線治療をお考えの方へ

医者

放射線治療のメリット

先生

放射線治療についてはその仕組などを前項で説明しました。
ここでは放射線治療のメリット、そしてデメリットについて触れていきます。

まず、放射線治療のメリットで大きいものはやはり身体的負担の軽さにあります。
いわゆる「切らずに治す」というものになりますので痛みが少なく、身体の回復も早い事から高齢者の方でも治療選択が可能なケースがあります。
1度の放射線照射は10分前後で完了するため、入院だけではなく通院で治療を受けることが可能な点も大きいのではないでしょうか。

また切除などが発生しないために形状維持、つまり美容的な意味でも跡を残さないといった点も優れていると言えます。

医療的な面で見れば難しい場所にあるがんなどを治療できる点があります。
ガンマナイフから進化したサイバーナイフなどの登場で照射できる範囲や精度は格段に向上し、放射線治療によって改善できるがんの種類も増えてきています。
一昔前では手の施しようが無かったような難しい治療にも対応できたりと先進医療として今後にも期待が持てる分野なのです。

デメリットも存在します。
がんの種類によっては未だ対応しきれないものもある事や、再発した部位に対して周辺細胞がダメージを受けている事によって再照射できないといった事もあります。
そして副作用も抗ガン剤に比べれば軽いケースが多いですが、いくつかは存在しています。
必ずしも素晴らしい点だけではないのでそれぞれを加味した上で治療に導入するかどうかを決める必要がありますが、選択肢に入れるだけ幅が広がりますので専門医に相談してみてください。