ヒューマンエンジニアリングNAVI┃放射線治療をお考えの方へ

医者

治療の特徴

先生

がん治療の治療方法に、放射線治療という治療方法があります。この治療法の大きな特徴として、身体を切らずにガンを排除することができるということになります。切らない治療になるため、放射線治療は、患者の身体の負担は手術を行なうよりも非常に軽いといっても過言ではありません。また、手術では摘出が難しい部分に放射線の照射することでがん細胞を消滅させることが可能です。化学療法では、副作用なども含めて身体にかかる負担はとても計り知れません。しかし、放射線治療であれば化学療法よりも少ない負担で治療を行なうことができるのが特徴といえるでしょう。今では、がん治療の3大治療の1つとなった放射線治療を正しく理解することが大切になってくると言えます。

近年、がん治療の方法として放射線治療は一般化してきました。放射線治療を利用することで手術では摘出することが難しい場所にも行えたり、化学療法よりも地位なさ負担で行えることが大きな特徴と言えます。もう一つ大きな特徴として、放射線治療は入院をする必要がありません。通院で放射線治療を行なうことが可能なのです。入院する負担を軽減でき、家から通うことができるので心の負担も小さいものと言えます。がん治療は大変でつらいものになるため、通院できるのは患者にとって大きな負担軽減になるといえるでしょう。また、治療方法は放射線治療や手術、化学療法を組み合わせてることによって確実にがん細胞を排除できるようにと、癌の種類によってアプローチの方法が違うのでよく理解することが大切です。